前へ
次へ

人材派遣の紹介予定というシステム

人材派遣は、就職のきっかけになるケースもあります。
紹介予定という働き方もあるからです。
そもそも正社員として働く時は、試用期間がある企業も多いです。
企業が人材を採用する際には、もちろん面接も行います。
企業の人事担当者が面接を行い、会社で活躍してくれる人材かどうかを見極める訳です。
しかし面接にも限界があります。
確かに面接を行ってみれば、能力がある人材かどうかを見極めることは可能です。
しかし面接は、それほど所要時間は長くありません。
大抵の企業の面接は、せいぜい10分や20分程度になっています。
それだけ短い時間で能力を見抜くのは難しいので、試用期間を定めている企業が多いです。
試用期間の間は、アルバイトとして働く事になります。
3ヶ月や半年ぐらいはアルバイトとして働き、現場で活躍できる人材であると判断されれば、正式に正社員として採用されるケースが多いです。
ところで冒頭で触れた紹介予定という働き方も、最初の内は正社員として働く訳ではありません。
いわゆる人材派遣のスタッフとして働く事になる訳です。
基本的なスタンスは、試用期間と同じです。
まずしばらくの間は派遣スタッフとして働いてみて、自分に合う企業かどうかを見極める事になります。
もちろん企業の担当者としても、派遣スタッフの働きぶりを見ています。
とりあえず3ヶ月や半年ぐらいは派遣として働いた上で、改めて面談するケースが多いです。
面談の際に、お互いに特に問題ないと判断すれば、やはり正社員として雇用される事になります。
その紹介予定という働き方は、スタッフにとってのメリットもあります。
そもそも自分に合う企業かどうかは、働いてみないと分からない一面があるでしょう。
紹介予定という働き方なら、最初の数ヶ月ぐらいは様子見で勤務する事ができます。
お金を稼ぎながら、自分に合う会社かどうかを見極められる訳です。
ですから就職や転職活動に励んでいる方々は、しばしば紹介予定という働き方に注目しています。

埼玉で飲食店のスタッフとして働ける求人
年齢・社歴などに囚われない社風なので、実力があれば活躍できるのでおすすめです。

2週間ごとのシフト制なので柔軟にシフトを組めます
2週間ごとにシフトを組んでくれるので、予定がある週はシフトを増やすといったことも簡単です。

Page Top